スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

私たちにできること

2011/03/19 Sat 21:14

地震のショックからはなかなか立ち上がれませんでした。

普通にご飯を食べることも、パソコンに向かうことも罪悪感を感じてしまっていたのです。

だけど、私は被災地の方々から逆に勇気をもらいました。
 
被災地では、苦しい生活を自分たちの力で何とかしようという動きが出てきて、

被災された方々が自らボランティアを行っているということを知りました。

いつまでも立ち止まってはいられませんね。


今朝テレビをつけたらある俳優がこんなことを言っていました。

「私たちは何もできなくて無力だと感じてしまうけど、今できることを精一杯やる。

 たとえば、私たちは普通の生活をして、普通に買い物もして、旅行もして元気に生活する

 ことで経済を潤おさなければならない。経済が潤っていなければ復興のための資金が

 なくなってしまう。被災地の方に思いをはせ、自分ができる支援を探していくことが何よりだ。」と。

 
今日は地震が起きてから9日目ですが、救出された方がいたときいてほんとに嬉しかった。

いろいろなところで本当にがんばってくれている方々いることに感謝しつつ、

自分もできることを探していこうと思います。




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

見に来てくださってありがとうございました。
雑感 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
普通の生活
大量に電気を消費するイベントは別として
行事は自粛すべきではありません。

普通に生活することが、
被災地以外の人々が「出来ること」です。

計画停電などの対応も東京の人は
冷静に謙虚に受け止めなければなりません。

それが出来ないと被災地の人々に
申し訳が立ちません。
Re: Re: azumino1111さま
 私たちが元気にならなってがんばらないと被災地の皆さんにも申し訳ないですね。
azumino1111さんのブログにある”永遠に生きるように学べ 今日死んでもいいように生きろ”
の言葉が頭の中をぐるぐるまわって、そうだなあと思う今日この頃です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。