スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
その珈琲屋さんは、朝日村という小さな村の住宅地にありました。


H23,1,15 073

もうあちこちの雑誌で紹介されている今注目の珈琲屋さん。
ず~っと、行ってみたかったんです。



広域農道をひたすら南へ向かってまっすぐまっすぐ。山形村を通り、朝日村へ。
新信濃変電所というちょっとすごすぎる変電所を左手に見て、さらに奥へ。



H23,1,15 074



ありました。住宅地に紛れ込むように。


一歩店内に入ると、23銘柄のこだわりの珈琲と笑顔が素敵なご夫婦が出迎えてくれました。


H23,1,15 092


H23,1,15 075

H23,1,15 077

H23,1,15 080

静かな音楽と飾り過ぎない落ち着いた内装と、珈琲の香り。
珈琲好きにとっては、まさに癒しの空間です。


H23,1,15 090


息子君はホットミルクと波田町にあります”アプリュス”の
ガトーショコラ。私は、シュトラッセブレンドをいただきました。
ほのかな甘味を感じるやさしい珈琲。という感想です。

珈琲の入れ方についていろいろとお聞きすると、
本当に丁寧に教えてくださいました。

「コツはいろいろあるけれど、自分で「おいしい」って
 思えばそれで十分ですよ。」

といって、にっこりと微笑むご主人の人柄に感動しました。

また、息子君が一緒だったことにも賛成してくれて、
静かなお店で静かな雰囲気を楽しむことを教えていくことは
大切なことですね、って言ってくださったことも感激。

そうなんです。お店に入る前によーく注意したのは、
「子供お断り」の看板がないかどうか。

結構しゃれたカフェは、「12歳以下のお子様はお断り」
なんて書かれていることもしばしばなんです。

「大人になって、とっておきの友人や彼女と
 とっておきのお店に連れて行ってあげられるようになるといいね。」

息子はちょっとテレながら、うなづいていました。

珈琲だけを愛しているのではなくて、
珈琲を愛するすべての人を、
(大人も子供も、若い人もお年よりも)
心から大切にしていらっしゃるのだなあと
お話をしていて感じました。

この雪の中、はるばるやってきて本当によかった。
今日はまさに、小さな町の小さな幸せを実感した出会いがありました。


息子よ、おいしい珈琲がわかる男になってくれ!
だから、あしたもカフェに行こう!!




ランキングに参加しています。おかげさまで安曇野情報TOP10入りを果しました。
感謝、感謝です。今日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村
見に来てくださってありがとうございました。

コーヒー屋さん | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
『静かなお店で静かな雰囲気を楽しむ』 そういう風に言ってくれるご主人が居るお店だから、居心地がいいんだろうね。 子供の頃からそういう空気感を体験しておくって大事なのかも。 私も娘とどんどんお茶しに行こう。 
やすおさま
やすおさん、こんばんわ。寒いねえ。息子たちにはさあ、やっぱりいい雰囲気のお店を選べるような男子になってほしいじゃない?小さいころからしっかりと教え込まないとね。子供とカフェめぐりたのし~よ~ん。女の子ならなおさらかも。楽しみだね~。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。