スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

お餅つき

2010/12/27 Mon 13:47

いつも見に来ていただいてありがとうございます。今日は、私の実家の年中行事を書こうと思います。それは、今ではすっかり珍しくなりました、お餅つきです。私の実家では、いまだに、杵とうすでもちをついています。


H22,12,25 044


まずは、こんなかまどでもち米を蒸かします。こんな年代ものと、腰パン気味のジーンズが一緒に映っているのがなんとなくユニークです。


H22,12,25 049


湯気がもくもく立ってきたらもち米が蒸かしあがった証拠。

H22,12,25 110


ここからは少しハイテクを使います。もち米は電動餅つき機で半分くらいお餅の状態にします。


H22,12,25 055


このうす、私の祖父がお宮のケヤキを切った時に、中をくりぬいて作ったそう。それがなんと60年前!!ケヤキって硬い木なのですね。年に1回しか使わないとはいえ、びっくりです。


H22,12,25 058

小学1年生も、


H22,12,25 062


小学4年生もがんばって餅つき。

H22,12,25 103


息はぴったりかしら?


H22,12,25 188


つやつや、すべすべにつきあがりました。なんと今年は9うすもつきました。

H22,12,25 112


つきあがったもちは、木枠に入れてのばし、切り餅用に。


H22,12,25 130


みんなで、ころころ丸めてあんころ餅や、きな粉もちを作ります。

H22,12,25 137

伝統はこんな風に手から手へと、伝えられます。


H22,12,25 146

形はいびつ。でも、みんなが力を合わせてついて出来上がったお餅たち。杵つきのつきたてのお持ちの味は格別です。


お餅つきは、9のつく日にはやらないそうです。”苦持ち”といって、縁起が悪いとか。今年も晴天の中、我が家の行事は無事に終わりました。いい新年が迎えられそうです。


田舎暮らし | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。