スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日から池田町花見地区(けみちく)のほたる祭りが始まりました。


今年は過去最高とも言われる出現。およそ1000匹ですって!!!


IMG_2011_07_03_1017.jpg


屋台も大盛況。今日はお天気も良かったのでビールがうまい。とパパ。


IMG_2011_07_03_1019.jpg


花見地区の皆さんの手作りの屋台なんですよ。

たこ焼きとか焼きそばとかわたあめとかまであります。


IMG_2011_07_03_1022.jpg


そして今年の目玉はほたるのほかにも。


IMG_2011_07_03_1047.jpg


屋台からほたる水路までの小路に置かれた燈籠。

池田町在住の陶芸家の皆さんが作ってくれたんですって。

夜道にぼんやりと浮かび上がってすごく幻想的。


IMG_2011_07_03_1051.jpg


こちらはどうやらてるてるぼうずのようです。


IMG_2011_07_03_1031.jpg


こんなにかわいらしいのもありましたよ。



それではみなさん、お待たせしました。ほたるです。


IMG_2011_07_03_1036.jpg


あれ?


IMG_2011_07_03_1038.jpg


あれれ?



すみませ~ん。。。やっぱりほたるの写真はむずかしい。。。

でも、現場は本当に、本当にすごいです。

来て見ないと伝わりません!!ぜひ、来て見てください。

すごい、美しい、幻想的な風景ですから。(この写真とは比べ物になりませんから。)



会場の近くは、駐車場がありませんが、メガマートから

シャトルバスが出ています。お越しの祭はそちらをご利用いただければと思います。

詳しくは、こちらをどうぞ。


ランキングに参加しています。"CTRLキー"を押しながらクリックするとページを移動せずランキングに
カウントできるらしいです。今日もぽちぽちっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

見に来てくださってありがとうございました。






おすすめスポット | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
蛍って約40年生きていて未だ見たことがないです。
こんな田舎に住んでいるのですが・・・(◕ωˇ◕Å)
こちらにも蛍の見れるところがあるので、
今年こそは子供と見に行きたいです┏● ペコリ

↓やさしい息子君です(*´∀`)(´∀`*)ネ-♡
こんにちわん。
来て下さったのですね☆

私は、
てるてる坊主の下で観光案内をしておりました。

陶芸の写真素敵です☆

ホタルの写真難しいですよね。
Re: タイトルなし
まきほんぽさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。

私もこのところ、野生のほたるはほとんど見ません。

昔は、田んぼによくいたのですが、こんな風に人の手によって

育てられているほたる以外はまったく、見ませんね。

お近くだったらぜひ見に来て欲しいと思います。

Re: タイトルなし
ほたるさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。

今年はほたるも多かったけど、初日から見物客が多かったですね~♪

ほたると同じくらいいませんでした?(笑)

毎年、大変だなあと思いながら、楽しみにしております。

陶芸家さんの燈籠、素敵ですよね。

いい企画だと思いました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
てるてる坊主
ほたるは見に行けませんが、
クラフトパークのてるてる坊主の時は
行こうと思っています。
Re: てるてる坊主
1111さん、こんばんわ。コメントありがとうございます。

そうですね。”てるてるぼうず”もとってもいいですよ。

今や、全国から作品が送られます。

私もかつては、保育園児の作品として出展しました。

ウルトラマンてるてるぼうずで。(*^^*)
ほたるが1000匹!想像つかないくらいたくさんですねー。自然のほたるなんですか?きれいな水がないと育たないんですよね。池田町は飲み水もおいしそう♪
ミキさんへ
ミキさんこんばんわ。コメントありがとうございます。♪

1000匹もいると、ちょっとしたイルミネーションかと思うくらい

飛んでますね。風情があるかどうかはどうかはわかりませんが、

すごいなあって感動します。

花見地区のみなさんが、必死できれいな水路を作ってくれているおかげです。

池田町は飲み水も北アルプスの雪どけ水でおいしいですよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。