スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

世界遺産の旅 in  広島

2013/03/28 Thu 21:55

「原爆ドームが見てみたい。」


国語の時間に”ちーちゃんのかげおくり”というお話で戦争の勉強をした弟君の一言。

春休みを利用して、広島に行ってきました。

安曇野ネタでなくてすみません<(_ _)>


IMG_6553.jpg


原爆の子の像の事も勉強したようです。

佐々木貞子さんの事も。


IMG_6555.jpg


ささやかではありますが、千羽鶴も持っていきました。弟君のクラスの子たちに手伝ってもらって。


IMG_6567.jpg

あの日、あの時に止まった時計。

真っ黒にこげたお弁当。

ガラス片が突き刺さったコンクリートの壁。

やけどを負った人々の写真。

IMG_6576.jpg


そして、原爆ドーム。

子供たちの感想は、ただただ「信じられない。」

ということ。このビルが立ち並び、人々が普通に生活している町に

そんなことがあったなんて。

「原爆ドームが映画のセットみたい。逆に作り物に見えてしまう。」

素直な感想なんだと思いました。

戦争を知らない私たちが、戦争の恐ろしさを伝えていくことは

とても難しいことなんじゃないかと思わずにはいられませんでした。


IMG_6565.jpg


それでもきっと子供たちの心には何か残ったことでしょう。

知ることが大事なんじゃないかと思います。



IMG_6593.jpg

翌日は路面電車で、市内から宮島口へ。

路面電車って使い勝手がすごくいいですね。感心しました。

IMG_6605.jpg

フェリーに乗って宮島へ。お天気が良くてよかったです。

IMG_6626.jpg

神秘的ですね。神の島って感じ。

IMG_6708.jpg

桜はしだれ桜は満開で、普通の桜は3分咲きくらい。

IMG_6692.jpg

鹿さんがいるんですね。

IMG_6704.jpg

焼きガキもいただきました。おいしかったですね~♪

IMG_6663.jpg

すごいですね。潮の香りがする神社です。

IMG_6653.jpg




その後は、呉を回りました。

IMG_6737.jpg

大和ミュージアムです。1/10 戦艦大和。当時は最新鋭の戦艦で、日本の技術が素晴らしかったことは

よくわかりましたが、乗組員の名簿を見たときは泣けました。


IMG_6734.jpg


ゼロ戦。学徒出陣で陸軍特別攻撃隊に入隊した上原良司は池田町出身です。

クラフトパークに碑があります。




今回の旅は、楽しくもあり、考えることも多々あり、一泊二日で忙しかったですが、

有意義な2日間でした。

それにしても広島まで車で行くのは本当に大変でしたね。

お父さん運転ありがとう。



よろしかったらこちらもぽちりとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

見に来てくださってありがとうございました。


スポンサーサイト
旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
しばらく京都ネタにお付き合いください♪


”豆ちゃ”を紹介してくれた京都在住のべっぴんさんが、生麩の田楽に感動していた私たちに
「お昼に行ってみたら」と教えてくれたこちら、”半兵衛麩"



H23,2,4 189


元禄2年から、300年続く麩と湯葉の専門店。
五条大橋のすぐ脇にあります。



H23,2,4 191


店内は、洋風と和風が一体になった感じ。


H23,2,4 194


美しい庭園も。


H23,2,4 202


京都のお台所も再現。


H23,2,4 195


お料理は、こちらです。これ、ぜーんぶお麩で作られた料理。

お麩の胡麻和え、田楽はもちろん、お饅頭とか中には、ひき肉のそぼろのように
仕立てたものも。やはり、ゆずや山椒のかおりが、お料理を引き立てています。
くみ上げ湯葉もおいしかった!!


H23,2,4 199


そしてこちらのお吸い物もやっぱりお麩。角切りのお麩を油で揚げて、大根おろしを
そえ、みぞれ汁風のお吸い物になっています。ほっこりあったまりましたよ。
お麩ってあげるとまた、食感が少し変わるのですね。

ぜーんぶお麩でもいろいろな料理方法でいただけるのでまったく飽きずに
お麩を満喫しました。


H23,2,4 201


なんか笑っちゃう急須。


こちらは、お麩や湯葉をインターネットで全国発送してくれるそうですよ~。
私もお土産に生麩とゆず味噌を買ってきました。今夜はこれで生麩田楽を
家族にご馳走します。



H23,2,4 167



京都は梅の花がちらほら咲いていました。春近しですね。




ランキングに参加しています。"CTRLキー"を押しながらクリックするとページを移動せずランキングに
カウントできるらしいです。今日もぽちぽちっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

見に来てくださってありがとうございました。



旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
出張で、京都に行ってまいりました。夜はフリーだったので、京都のおばんざいをいただいてきました♪


H23,2,4 083


八坂神社の境内に入り、南門から外に抜けてしばらく歩くと、左手に”石塀小路”という細ーい路地があります。



H23,2,4 085


こんな感じ。


H23,2,4 087


石畳の小路には、いろいろなレストランがひっそりと佇んでいます。素敵過ぎる!!



H23,2,4 089


京都在住のべっぴんさんにつれていってもらったこちら、おばんざいやさん”豆ちゃ”名前がかわい~。


H23,2,4 093


でも店内は、とっても大人な雰囲気。間接照明がやわらかく、落ち着いた雰囲気をかもし出しています。


H23,2,4 095



H23,2,4 099


「今日は節分ですから、お通しはいわしのまるやきですぅ。」と、かわいい店員さんが。京都弁はいやされますわ。



H23,2,4 097


生湯葉。わさび醤油でいただきました。お刺身みたい。



H23,2,4 102


お造りは、店員さんおすすめのいわし、寒ぶり、ほうぼう、生たこ、まぐろの5点盛り。



H23,2,4 106


そして、お豆腐。味が濃厚で、大豆の甘さが際立っています。お塩とゆず味噌をつけていただきました。


H23,2,4 117


金時人参のきんぴら。もう、トマトくらい赤いんですよね、この人参。そしてしっかりと甘い。真っ赤な近江こんにゃくと一緒にきんぴらにしてあります。人参の歯ごたえと、こんにゃくのくにゃっとした歯ごたえが面白い!!たっぷりとすりゴマがかかっていて、体にもいいですね。


H23,2,4 119


そして私が今回一番気に入ったのは、こちら。生麩の田楽です!!!!!おいし~。もっちりとした生麩と味噌だれが、癖になるおいしさ。


京都のお料理って、”かおり”をすごく、効果的につかっているなあと、つくづく思いました。

たとえば、ゆずとか、山椒とか。本当にちょっぴり使うんですけど、とっても重要なアクセントになっていて、それが、素材の味をものすごく引き立てています。すばらしいですね、京料理。日本食。

京都へいかれましたら、こちらの”豆ちゃ”ぜひ寄ってみて下さいね。


H23,2,4 122


京都の夜は、ネオン街の喧騒もあり、情緒あふれる静かな風景もありで、信州の真っ暗な夜もいいけど、こういうのもたまにはいいわね、と心行くまで堪能したのでありました。





ランキングに参加しています。"CTRLキー"を押しながらクリックするとページを移動せずランキングに
カウントできるらしいです。今日もぽちぽちっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

見に来てくださってありがとうございました。


旅行 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。